本日 29 人 - 昨日 16 人 - 累計 33542 人
  • Social Media

歪みゆく体温

  1. HOME >
  2. 歪みゆく体温
『歪みゆく体温』デモCD-R 全2曲¥500
歪みゆく体温『歪みゆく体温』
作詞:カンノユウジ
作曲:名護貴広

君なんて いなくても 何も変わらないよ 
そんなこと 言いながら 自分だけ過ごして
言いあうこと 伝えたいこと 足りないまま流して
いつの間に そっと静かに すれ違い 重ねて

最後に初めて会った場所へと歩こう もうそれで終わりにしよう 

ゆらゆらと舞う桜並木 思い出すあの日々
さみしいときも 嬉しいときも 霞んで溶けてゆく
手のひらから 伝わるから もういいんだよ 泣かないで
今なら言える『愛している』と いつか忘れると知っているから      

短めのボブ ひらひらの服 青いネコ型ロボット
君の好きなもの あふれ出てくる もう遅いけれど

ゆらゆらと舞う桜並木 思い出すあの日々
さみしいときも 楽しいときも 霞んで溶けてゆく
手のひらから 伝わるから もういいんだよ 泣かないで
今なら言える『愛している』 君といたから言える言葉
キャンディ『キャンディ』
作詞:カンノユウジ
作曲:名護貴広

君からもらったあまいキャンディは
水色の水玉が似合う 君のように淡くて
むりやり外に連れられて 強引な君の手を握って
どこへゆくのかも知らないまま

ぼくたちのはじめての冒険 町内だけど

あの日見ていた電柱もガードレールも
こわくなってうつむいたまま
君はほんの少し困った顔でささやいた『こわくないよ』

また前を向いて歩き出せた

雨降りのなか ちゃぷちゃぷと
水色の水玉のかさをさして まだまだまだ歩く
そのうち君が泣きそうな顔でしゃがんでぼくに言ってきた
『どこまできたのかわからなくなっちゃた』

ぼくたちのはじめての迷子 町内だけど

あの日見ていた暗くなっていく町並みが
こわくなってうつむいたまま
公園の冷たいすべり台ふたりすわって 泣きじゃくって

ふいにぎゅっと ふるえている手

ぼくはその手を にぎりしめ
なにもこわくないよと笑った
そしたら 君はふっと 泣きやんで笑う
このとき 『君をずっと守りたい』そう決める

さぁ帰ろう はじめての町内